酸素カプセルの効果はどのくらい持続する?

query_builder 2023/08/22
コラム
20

酸素カプセルとは、高濃度の酸素を吸入することで血液中の酸素濃度を高め、さまざまな健康効果を得ることができる健康機器です。
疲労回復・免疫力向上・ストレス解消などが期待できますが、その効果はどのくらい持続するのでしょうか。
今回は、酸素カプセルの効果の持続時間や、適切な利用頻度について解説します。
▼酸素カプセルの効果が持続する時間とは?
酸素カプセルに入った後、血液中の酸素濃度は約72時間高い状態が維持されます。
つまり、酸素カプセルの効果も約3日間は持続すると考えられます。
しかし、個人差や生活習慣によっても変わるため、体調や目的に合わせて利用することが大切です。
▼酸素カプセルの正しい使い方
■理想的な使用頻度
酸素カプセルの効果は約3日間持続するため、理想的な使用頻度は3日間隔と言われています。
これは、血液中の酸素濃度が低下する前に再び高めることで、常に最適な状態を保つためです。
毎日利用しても問題ありませんが、コストや時間の面で無理をしないようにしましょう。
■1回の利用目安
酸素カプセルに入る時間は、30分~1時間程度が目安です。
これは、血液中の酸素濃度が飽和するまでにかかる時間とされています。
ただし、長く入りすぎると体に負担をかける可能性があるため、適度な時間を守りましょう。
▼まとめ
酸素カプセルの効果は、約3日間持続すると言われています。
そのため、3日に1回の頻度で使用するのがおすすめです。
長く入り過ぎると体に負担がかかる場合があるため、30分~1時間程度を目安にしましょう。
当サロンは完全予約制かつ完全個室制で営業しており、リラックスして酸素カプセルをご利用いただけます。
ご質問やお悩みに対しても丁寧に対応いたしますので、興味のある方はぜひお問い合わせください。

NEW

  • サブスク会員募集中!

    query_builder 2023/05/26
  • 酸素カプセルにおける耳抜きのやり方

    query_builder 2024/04/15
  • 姿勢と呼吸の関係性

    query_builder 2024/04/01
  • 酸素不足による不調とは

    query_builder 2024/03/15
  • 酸素不足に陥りやすい原因とは

    query_builder 2024/03/01

CATEGORY

ARCHIVE