酸素カプセルで眠くなるのはなぜか

query_builder 2023/11/15
コラム
31

「酸素カプセル内で眠くなる」という方は多いようです。
どうして眠くなるのか、気になりますよね。
そこで今回は、酸素カプセルで眠くなるのはなぜか解説していきます。
▼酸素カプセルで眠くなる理由
■脳の血流が増えるため
酸素カプセル内では、通常よりも高濃度の酸素を体内に取り入れることができます。
酸素が補われると、脳の血流が促さることでリラックスした状態になり、眠気を感じやすくなるのです。
■体に圧力がかかるため
酸素カプセル内は気圧が高いため、体に適度な圧力がかかります。
圧力により血液の循環が促され、体内の不要な物質が排出されると、疲れが和らぎ眠気を感じやすくなるのです。
■副交感神経が優位になるため
酸素カプセル内では体内の酸素濃度が高まり、副交感神経の働きが優位になります。
さらにカプセル内は静かで刺激が少ないため、副交感神経が優位なりやすい環境です。
副交感神経の働きが優位になるとリラックスした状態になるため、眠気を感じやすくなるのです。
▼まとめ
酸素カプセル内で眠くなる理由は、脳の血流が増える・体に圧力がかかる・副交感神経が優位になることなどが挙げられます。
酸素カプセル内では、1時間の睡眠で3時間の睡眠と同じくらいの効果を得られるといわれています。
カプセル内で眠くなったら、我慢せずに眠ってしまうのがおすすめです。
『MATOI1457』ではボックス型の酸素ルームを使用しており、より快適にご利用いただけます。
テレビやゲームをしながら時間を過ごすことも可能ですので、興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • サブスク会員募集中!

    query_builder 2024/05/20
  • 深呼吸のメリット

    query_builder 2024/06/01
  • 酸素カプセルを利用する際の食事のタイミング

    query_builder 2024/05/15
  • 自律神経の整え方

    query_builder 2024/05/01
  • 酸素カプセルにおける耳抜きのやり方

    query_builder 2024/04/15

CATEGORY

ARCHIVE