自律神経の整え方

query_builder 2024/05/01
コラム
43

体は無数の神経が通っており、その中の一つが自律神経です。
自律神経は乱れてしまうと、不安を覚えたり体のさまざまな不調を引き起こしたります。
そこで今回は、自律神経が乱れた際の整え方について紹介いたします。
▼自律神経の整え方
■日光を浴びる
日光を浴びると、神経伝達物質であるセロトニンが活性化します。
セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれており、自律神経を整える働きがあります。
また、日光を浴びることで体内時計もリセットされるため、不眠にも効果的です。
■体を動かす
散歩・ウォーキング・ジョギングなどの適度な運動は、自律神経を整える際に効果的です。
適度な運動を行うと、セロトニンをはじめとした神経伝達物質が活性化して、ストレスの解消・爽快な気分を得られます。
■質の良い睡眠
なかなか寝付けなかったり睡眠が浅かったりすると、体は十分に休むことができません。
心身ともにリラックスした状態で、ぐっすりと眠れる状態を作ることが大切です。
■お風呂につかる
適度な温度のお風呂につかると、副交感神経が優位になってリラックスすることが可能です。
お風呂の後もリラックスした状態が続くため、質の良い睡眠にもつながります。
▼まとめ
自律神経が乱れた際は日光を浴びる・体を動かす・質の良い睡眠など、日常を見直すことによって改善が見込めます。
気軽に取り組める方法のため、日常に取り入れて快適に過ごしましょう。
『MATOI1457』では、品川区にて酸素カプセルのサービスを提供しております。
疲れやストレスを感じた際にピッタリなメニューをご案内いたしますので、ぜひご利用ください。

NEW

  • サブスク会員募集中!

    query_builder 2024/05/20
  • 深呼吸のメリット

    query_builder 2024/06/01
  • 酸素カプセルを利用する際の食事のタイミング

    query_builder 2024/05/15
  • 自律神経の整え方

    query_builder 2024/05/01
  • 酸素カプセルにおける耳抜きのやり方

    query_builder 2024/04/15

CATEGORY

ARCHIVE