デスクワークによる腰痛を改善する方法

query_builder 2023/06/21
コラム
6

デスクワークをしていると腰に負担がかかりやすく、腰痛を引き起こすことがあります。
腰痛は日常生活に影響を及ぼすだけでなく、仕事の効率や品質にも悪影響を与えるため放置するのは危険です。
そこで今回は、デスクワークによる腰痛を改善する方法についてご紹介します。
▼デスクワークによる腰痛の改善方法とは
■正しい座り方を意識する
座り方が悪いと、腰に余計な圧力がかかります。
正しい座り方とは、背筋を伸ばして肩の力を抜き、足を床にしっかりとつける姿勢です。
また、椅子の高さや角度を自分の体に合わせて調整しましょう。
■ストレッチをする
デスクワークでは同じ姿勢で長時間座っていることが多く、筋肉や関節にこわばりや緊張を引き起こして血行不良や炎症を招きます。
ストレッチは、腰まわりの筋肉や関節の柔軟性を高め、血流を促進する効果が期待できます。
デスクワークの合間に、数分間だけでもストレッチをして体を動かしましょう。
■作業環境を整える
机やパソコンの位置が適切でなければ、無理な姿勢や動作が強制されます。
そのため、机やパソコンは自分の目線や手の届く範囲に置きましょう。
作業環境を整えることで快適に仕事ができるだけでなく、腰への負担も軽減します。
■酸素カプセルを利用する
酸素カプセルに入ると血液中の酸素濃度が上がり、細胞の活性化や代謝の向上が期待できます。
また筋肉や神経の緊張をほぐし、痛みの緩和やリラックス効果も感じられます。
▼まとめ
デスクワークによる腰痛を改善するには、作業環境を整えて正しい座り方を意識することが大切です。
また作業の合間にストレッチをしたり、作業後に酸素カプセルを利用したりするのも効果的です。
当サロンは五反田駅より徒歩でアクセスできる場所にあり、完全予約制で酸素カプセルをご利用いただけます。
腰痛にお悩みの方や疲れが溜まっている方は、ぜひお越しください。

NEW

  • サブスク会員募集中!

    query_builder 2024/05/20
  • 深呼吸のメリット

    query_builder 2024/06/01
  • 酸素カプセルを利用する際の食事のタイミング

    query_builder 2024/05/15
  • 自律神経の整え方

    query_builder 2024/05/01
  • 酸素カプセルにおける耳抜きのやり方

    query_builder 2024/04/15

CATEGORY

ARCHIVE